サッカー競技規則
競技のフィールド ボール 競技者の数 競技者の用具 主審
副審 試合時間 プレーの開始および再開 ボールのインプレーおよびアウトオブプレー
得点の方法 オフサイド ファウルと不正行為 フリーキック ペナルティーキック
スローイン ゴールキック コーナーキック 主審、副審、第4の審判員への追加指示
競技規則に関する注解符号 試合勝者の決定方法 テクニカルエリア 第4の審判員

第8条 プレーの開始および再開

試合前
コインをトスし、勝ったチームが試合の前半に攻めるゴールを決める。
他のチームが試合開始のキックオフを行う。 トスに勝ったチームは試合の後半開始のキックオフを行う。
試合の後半には両チームはエンドをかわり、前半と反対のゴールを攻める。

キックオフ
キックオフはプレーを開始する、または再開する方法のひとつである: ● 試合開始時
● 得点のあと
● 試合の後半開始時
● 延長戦が行われるとき、その前、後半の開始時

キックオフから直接得点することができる。

進め方
● すべての競技者はフィールドの味方半分内にいる
● キックオフをするチームの相手チームは、ボールがインプレーになるまで9.15m(10yd)以上ボールから離れる
● ボールはセンターマーク上に静止している
● 主審が合図をする
● ボールがけられて前方に移動したときボールがインプレーとなる
● キッカーは、他の競技者がボールに触れるまではボールに再び触れない

一方のチームが得点をあげたあと、他方のチームがキックオフを行う。

違反と罰則
他の競技者がボールに触れる前にキッカーがボールに再び触れた場合:
● 違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与える*

キックオフの進め方のその他の違反に対して:
● キックオフを再び行う


ドロップボール
ドロップボールは、ボールがインプレーのときに、競技規則に他に規定されていない理由によって必要が生じた一時的停止のあとに試合を再開する方法である。

進め方
プレーを停止したときボールのあった地点で、主審はボールをドロップする。*

ボールがグラウンドに触れたとき、プレーが再開する。

違反と罰則
次の場合、ボールを再びドロップする: ● ボールがグラウンドに触れる前に、競技者がボールに触れる
● ボールがグラウンドに触れたあとで、競技者に触れずにフィールドの外に出る

特別な状況
自分のゴールエリア内で与えられた守備側のフリーキックは、ゴールエリア内の任意の地点から行う。
相手のゴールエリア内で与えられた攻撃側の間接フリーキックは、違反の起きた地点に最も近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上から行う。
ゴールエリア内でプレーを一時的に停止したあとに試合を再開するドロップボールは、プレーを停止したときにボールのあった地点に最も近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上で行う。


少年サッカー情報倶楽部トップページへ