メニュー
ニュースカテゴリ
フットサル公式戦情報

★公式戦日程・結果一覧
★公式戦カレンダー

<2013-2014>
第6回全国女子選抜フットサル
第19回全日本選手権(男子)
第14回地域チャンピォンズL
第10回全日本選手権(女子)
第29回全国選抜フットサル
第9回全日本大学フットサル

<2012-2013>
第5回全国女子選抜フットサル
第13回地域チャンピォンズL
第18回全日本選手権(男子)
第13回地域チャンピォンズL
第9回全日本選手権(女子)
第28回全国選抜フットサル
第8回全日本大学フットサル

第12回AFCフットサル選手権

<2011-2012>
第4回全国女子選抜フットサル
第12回地域チャンピォンズL
第17回全日本選手権(男子)
第8回全日本選手権(女子)
第27回全国選抜フットサル

<2010-2011>
第3回全国女子選抜フットサル
第11回地域チャンピォンズL
第16回全日本選手権(男子)
第13回関東リーグ参入戦

Fリーグ2010-2011結果
第12回関東リーグ1部
第12回関東リーグ2部

第7回全日本選手権(女子)
第26回全国選抜フットサル
第11回AFCフットサル選手権
NATIONS CUP 2010

<2009-2010>
第2回全国女子選抜フットサル
第10回地域チャンピォンズL
第15回全日本選手権(男子)
第12回関東リーグ参入戦
Fリーグ2009-2010結果

第11回関東リーグ1部
第11回関東リーグ2部
関東女子プレリーグ
第6回全日本選手権(女子)
第25回全国選抜フットサル
NATIONS CUP 2009

<2008-2009>
第9回地域チャンピォンズリーグ
第14回全日本選手権(男子)
第11回関東リーグ参入戦
第6回東京都フットサルカップ

Fリーグ2008-2009日程
Fリーグ2008-2009結果

第10回関東リーグ1部
第10回関東リーグ2部

第5回全日本選手権(女子)
第24回全国選抜フットサル

★フットサルW杯2008★
第10回AFCフットサル選手権
第10回関東リーグ参入戦
第5回東京都フットサルカップ
<2007-2008>
第8回地域チャンピォンズリーグ
第13回全日本選手権(男子)
Fリーグ2007公式戦日程
Fリーグ2007公式戦結果
第13回全日本ユースU-15

第9回関東フットサルリーグ
第17回バーモントカップ(U-12)

第4回T-fal CUP(女子)
Fリーグプレマッチ結果
第23回全国選抜フットサル
第9回フットサルアジア選手権
futsal nations cup 2007
第10回インターコンチネンタルC
第2回関東オールスターJam!
第4回東京都フットサルカップ
<2006-2007>
第7回地域チャンピォンズリーグ
第12回全日本選手権(男子)
第3回T-fal CUP(女子)
第12回全日本ユースU-15
第16回バーモントカップ(U-12)
第8回関東フットサルリーグ
第22回全国選抜大会
第1回関東オールスターJam!
第9回インターコンチネンタルC
第3回東京都フットサルカップ
第6回地域チャンピォンズリーグ
第8回関東リーグ参入戦
第11回全日本選手権(男子)
第2回T-fal CUP(女子)
第15回バーモントカップ(U-12)
天気予報
最新ニュース
【KELME専門店フットボールショップTOM】
サマーセール開催中!!〜KELME専門店フットボールショップTOMへ
◆◆◆◆◆ジュニア商品も豊富です◆◆◆◆◆
【商品代金9,720円以上のお買上げで送料無料!各種クレジット取扱】
【原則午後3時までにいただいたご注文は当日発送いたします!】


Web検索およびサイト内検索ができます!
Google
 
Fリーグ情報
Fリーグ情報 : 9/23 Fリーグ開幕節1日目結果
投稿者 : t-ram-o 投稿日時: 2007-09-23 (4990 ヒット)

9月23日(日)におこなわれたFリーグ開幕節2試合の結果です。




会場:国立代々木競技場第一体育館(会場マップへ


■開幕セレモニーの様子








■第1試合(入場者数6,639人)

名古屋オーシャンズ 1-1 デウソン神戸

前半は終始名古屋がボールを支配するが、両者ともに決定機が少ない中、17分、名古屋が上澤のミドルで先制する。
後半も同じような展開だったが、神戸はゴール中央やや左で得たFKを伊藤が決めて同点。その後神戸は次第にチャンスが多くなるが得点には至らず。残り3分くらいから名古屋はGKを定永からマルコスに代えてパワープレーに出る。しかし神戸のしぶといディフェンスを崩すことができずそのまま1-1で試合終了。
圧倒的有利といわれた名古屋は勝点3が奪えず、逆に神戸は貴重な勝点1をあげた。


■第2試合(入場者数7,068人)

ペスカドーラ町田 7-3 シュライカー大阪

前半、両者互角の立ち上がりも第1試合と違ってとてもスピーディでスリリングな展開。
試合が動いたのは8分、大阪は右サイド駆け上がってのシュートパスに西村がドンピシャで合わせて先制すると、9分には安川が左サイドからドリブルシュートを決めてリードを広げる。
残り5分を切って今度は町田の反撃、右CKをマルコス本田がダイレクトで決めて1点差とする。残り1分にもカウンターから久光のシュートパスにまたもマルコス本田が滑り込んで同点に追いつく。
後半3分、大阪は左サイドから西村が粘って抜け出してこの日2点目となる勝ち越し点を奪い再び大阪が3-2と1点リードして時間が経過する。
しかし10分を過ぎた頃から町田の怒とうの得点ラッシュが始まる。
残り8分、左サイドをマルコス本田が切り裂き中央へ、金山が落ち着いて決めて3-3の同点。
残り7分、右サイド角度のないところ、狩野がゴールへ向けて強いキックインを蹴るとGK触るも股を抜け、4-3と逆転!
残り6分、久光がパスカットからGKとの1対1、落ち着いて決めて5-3。
残り5分、狩野の左サイドへの見事なループパスを横江がダイレクトで決めて6-3。
ここで大阪は岸本のパワープレーを開始するが、2分後には岸本負傷によりGKが西野へ交代というアクシデント。効果的なパワープレーが展開できないまま残り1分、ボールを奪った久光のロングシュートが決まり4点差がついてしまい、そのまま試合終了。
前半途中まで、大阪は「ボールも人もよどみなく動くすばらしいフットサル」で町田を圧倒していたが、40分続けられるフィジカル(持久性)を兼備できていなかったところが痛かったか?逆に町田は、プレマッチでは精彩がなかったが、本番で勝負強いところを見せつけ、まずは勝点3を獲得した。


⇒フットサル情報倶楽部「Fリーグ2007スケジュール」へ
PC用 携帯用


⇒Fリーグ公式サイトへ
PC用 携帯用



ご訪問いただいた方
アクセスカウンター


AmazoaDco.jp
【書据z Futsal サッカー
【DVD】 Futsal サッカー
【ビデオ】 Futsal サッカー
【ゲーム】 Futsal サッカー